キャンティと自然と現代劇

お久しぶりです!!皆さま、お元気ですか?

しばらく更新できなかったにもかかわらず、たくさんの方が訪問してくださっていたようで、感激です☆ありがとうございます!!

さてさて、ワインで有名なキャンティ。

IMG_1180

その一角にひっそりとそびえるルーディ宅↑

石造りでこの辺りの典型的なお家ですが、なんでも20年前にルーディが「1人で」修復したのだとか。

スタンツァ先生のお友達でスイス人の彼は、電気の通っていないこの家で、ほぼ自給自足の生活をしているそうです。

この日お邪魔したのは、このルーディ家の敷地で、年に1度の演劇があったから。

IMG_1184

仰向けになっている人が見えるでしょうか?

彼が語るドイツ語の詩で幕開けです。

IMG_1183

夕日を背に受けて立つ長髪の男性が、この演劇グループの先生だそうです。

ちなみに、周りの人たちはすべて観客。

そして、この土地全てが舞台。

IMG_1187

特にこの木を抱いている男性は、動きも声も、本当に自然の声を代弁しているかのようでした。

写真ではとても伝えるのが難しいのですが、この奥にある小川やルーディー家横の草地まで、縦横無尽に(観客も)動き回りながら、自然をテーマとしたイタリア語・ドイツ語・ラテン語の詩を語り、歌うという現代劇。

この環境でそれを見て聞いて感じることに、大きな意味があるように思われた、不思議で貴重な体験でした。

IMG_1193

そしてお待ちかねの夕食!

もちろんこれは、ほんの一部です。

このceci(チェチ=ひよこ豆)がおいしかった!

ちなみにパンの上の黒いサラミは、何の肉で作られているでしょうか??

IMG_1192

答えは”cinghiale”(チンギアーレ=イノシシ)だそうです。

初めて食べましたが、とてもさっぱりした味でした。

写真には映しきれなかったピンク色の夕焼け、そして日没後の暗闇の中での夕食。(実はこの日は電球が1個だけついていましたが)

ほんのちょっとだけ、皆様にもおすそわけです♪

ご訪問ありがとうございました!
↓たくさんの方に読んでいただきたいので、よかったらポチッと応援よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

コメント楽しみにしています!

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中